ptsdは過去の恐怖が引き起こす【過去からの脱却】

女性

強い恐怖感

男性

ptsd(Post Ttaumatic Stress Disorder:心的外傷後ストレス障害)は、心に残る様な出来事で生じるものです。例えば、震災や火事、事故、暴力といった危機的原因です。このようなトラウマ的強い恐怖感を経験した人は、ptsdの症状に陥りやすいといわれています。ptsdには3つの基本的な症状があります。一つ目はつらい経験が突然よみがえり、それによって感情が不安定になります。二つ目に、つらい記憶を思い出させる状況や事物を避けます。本人は無意識に避けている場合もあります。三つ目は、つらい体験の一部が突然非常に鮮明に思い出されます。思い出された記憶が現実に起こっているかのような感覚に陥ります。これらの症状が命の危険を伴う強烈な出来事の後数か月以上続く場合はptsdの可能性があります。

ptsdの治療をするためには、心の傷を少しでも癒し軽減させることが肝要です。また、ptsdの苦しい症状を軽減させることが必要になります。まず、トラウマに焦点を当てた認知療法である持続エクスポージャー療法があります。これはセラピストとの会話の中でトラウマとなった出来事をあえてイメージしていきます。あえて避けていた記憶に身を置くことで思い出しても危険なつらい思いをすることはないと肌身で感じていくことになります。この心理療法は国際的に推奨されています。しかし知識のない素人が行うと逆にストレス症状が強まり悪化することがあります。専門家に治療してもらうことが安全です。これ以外の治療法に、グループ療法があります。グループ療法はptsdの人が複数人で自分の悩みを語ります。これは、急性ストレス期(つらい体験直後)のptsdの人に強制的に行わせると逆効果となってしまう場合があるので注意が必要です。他にも治療法がありますが、薬物療法も行われています。眠れない、強い不安感、うつ状態、自殺の恐れがある場合は薬による治療が行われます。今では各地の心療内科や精神科で治療を受けることが出来るので、初期症状を感じた場合にはすぐに治療を受けましょう。インターネット上には、セルフチェック診断が出来るサイトもあるので活用してもよいでしょう。