ptsdは過去の恐怖が引き起こす【過去からの脱却】

女性

強い恐怖感

男性

ptsdは命の危険を伴うほど強烈な体験が原因で引き起こされます。ptsdの症状は感情が不安定になります。強い不安感があったり、ptsdの原因となった記憶を呼び起こす原因になる状況や事物を避けるようになります。治療は専門家の指導の下に行うことになります。

Read More...

過去の経験

カウンセリング

ptsdは紛争や事故・災害・事件などを経験した人に起こりやすい心の病気です。患者は体験の記憶を無くしたり、逆に悪夢によって悲惨な記憶を追体験したりします。放置すると悪化する恐れがあるため、ptsdが疑われる場合は精神科や心療内科などで適切な治療を受けることが必要です。

Read More...

心を健康に保つために

男性

現代社会においてストレスは病気の原因となります。うつ病やptsdは主にストレスによって起こります。一度なるとどちらもすぐに治る病気ではありませんので、根気強い治療が必要です。薬による治療や、あえてその場面を思い出すことによって治療していきます。

Read More...

トラウマを見える化する

カウンセリング

持続エクスポージャー療法

ptsdとは、外傷後ストレス障害(Post Traumatic Stress Disorder)の略です。生死に関わるような危険を体験したり目撃した場合に、トラウマとなり恐怖感・ストレスとなって生活に重大な影響を与える病気です。この病気は発症しても過半数は自然治癒すると言われています。恐怖を与えたことがらは異常で特殊なケースであることが多いため、正常な現実を体験することによって修正されてゆくと言われています。最近では「持続エクスポージャー療法」という治療法が効果があり、推奨されています。ptsd発症の原因となったトラウマと向き合ってゆくという考え方です。避けているトラウマとあえて向き合っていきます。具体的にはトラウマ記憶を暴露する作業を繰り返して、患者との話し合いを重ねてその恐怖を乗り越えてもらうという手法です。トラウマとなっていることが再び起こるわけではない、トラウマの何が恐怖なのか、ということを気づかせるものです。厚生労働省では、ptsdへの効果的な治療法として「持続エクスポージャー療法」の研究を進めています。薬物の併用研究や、脳科学研究が行われており、今後も進化してゆくでしょう。

トラウマの恐怖を取り除く

多くの「持続エクスポージャー療法」の流れについて述べます。言うまでもないですが、カウンセリング形式の治療法です。まず心理教育や呼吸に関する指導が行われ、恐怖にさらされた場合のストレスを軽減する方法を学びます。ptsdの患者さんはトラウマの体験により過呼吸になったり呼吸困難になるケースが多いですので、事前にこうした指導が行われます。その後は、少しずつ、トラウマについて積極的に思い出す作業を行っていきます。これを少しずつ継続的に思い出すことでハッキリとトラウマに対する感情と向き合えることになります。なぜトラウマとなっているのか、トラウマの何が恐怖を与えているのかなど、トラウマの内容を少しずつ明確にしていきます。そして向き合う課程でトラウマへの「慣れ」が生じ、心を楽にしていく流れです。心の奥底に沈めようとした感情をあえて引っ張り出して克服してゆきます。治療の初期は精神的苦痛が伴いますが、継続することでその効果は絶大と言われています。見えなかったものが見えてくることは、恐怖感を取り除く一番の方法なのです。

トラウマが原因の病気

医者

ptsdは過去にトラウマとなるような出来事があったために精神的に不安定な状態になってしまっていることを言います。治療に関してはカウンセリングによるトラウマの解決が一般的です。また、この前の段階を急性ストレス障害と言います。

Read More...

心的外傷後の症状

男性

ptsdは精神的に大きなダメージを負ったことにより、精神、肉体両方に影響が出るものです。特徴としては苛立ちやすくなり、周囲に心を閉ざしてしまうこともあります。治療方法としては心理療法が中心ですが、薬を用いることもあります。また自分だけで責任を負わないようにし、規則正しい生活を送るようにしましょう。

Read More...